cardloan

Cardloan travel guide & entertainments!!!

カードローンの自動審査について

銀行や消費者金融のサイトを見ると、多くの企業で簡易審査システムを設置しているのがわかると思います。これは自動審査などとも呼ばれている、コンピュータによる審査になります。

入力項目もかなり少なく、生年月日、年収、他社の借り入れ件数、借り入れ金額を入力するだけで融資が可能かどうかの簡易的な判断結果を返してくれます。 匿名で簡単にできるので即日融資などを利用したい人にはかなりの割合で利用されています。

この自動審査はあくまでも簡易的な仮審査なのでこの自動審査で融資できそうな結果が返答されても鵜呑みにはできません。審査に落ちる場合もありえます。

しかし、一応のラインとして審査に通った人たちと同じくらいのところにいるという意味では安心しても良いかと思います。逆にここで良くない結果が帰ってくると本審査も厳しいかもしれません。ちなみに、審査結果がよくない場合は、『融資できません』ではなく『判断できかねますので一度お問い合わせください』といった柔らかなニュアンスの返答が返ってきます。

こういった場合は本審査を受けても大丈夫でしょうか?

答えは否です。

自動審査に入力してないところでよほど良い内容の事実がない限りは難しいでしょう。良い内容とは、公務員であったり、持ち家などの資産を保有していたりといった事実です。 こうした内容がなければほぼ確実に審査には通りません。 審査に通らないであろうことを判明したのであれば、そこには申し込むべきではありません。

それなら他を当たるべきです。例え審査であっても、短期間に2社以上に申し込めばそれは申し込みブラックになってしまうからです。自動審査の段階でやめておけば、氏名等の入力はしてないわけですから次もまた0の状態で申し込めますよね。

自動審査では一律に判断される

自動審査はコンピュータでビシっと線引されて判断されますので、結果は誰がやっても同じです。ちなみに、住信SBIネット銀行カードローンの自動審査だと、借り入れ金額ではなく借り入れ件数が5社になると内容が厳しい結果となるようです。

アコムさんだと4社借り入れであれば審査結果はよくありません。借入金額がいくらではなく借入件数がいくらなのかということが重要なんですね。

更新情報・お知らせ

2016/07/30
サイト更新NEW

↑ PAGE TOP